サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。

アメリカは学歴社会だな~という話。

「自由の国アメリカ」、「アメリカンドリーム」なーんて聞くと、「アメリカに行けば誰でものし上がれる!?!?」なんて受け取りがちですが。。。

一部の超☆頭が切れる人たちを除き、普通の人に関して言えば、「アメリカは学歴社会である!!」!!!

 

卒業校よりも、学位(degreeなのかmasterなのか、はたまたDrなのか)とメジャーの方が重視される。

じゃー自分はどうなのかと言えば、今あるのは日本の学位。

 

これからずっとアメリカで暮らすわけだし、少しずつでいいからアメリカでも学歴を積んでいきたいなぁと思ったり。。(めっちゃお金はかかるけどww もちろんなるべくかからない方法を探す!)

その一歩目がGEDなわけでもあったりする。

 

 

日本のmasterを持っている友人からも教えてもらったのですが、日本とアメリカではmasterに対する印象が全然違うとこのこと。(アメリカだとしっかりと認めてもらえる)だから、時間もお金もかかるけど最終的にpayするのでは、というお話。

ふむふむなるほど。。

私の場合、何をするのか絞らにゃなりませんな。

 

とりあえず近隣のコミカレのウェブサイトをうろうろ。。

 

日本式で「これになるためには、こんなことをして。。」と逆算で考えるのが王道のように思いますが、ここはひとつ、今の自分が興味のあることを勉強してみて、行きついたところが自分の好きな場所、ってのもいいかもしれない。というか自分の人生振り返ってみるといつもそんな感じww

 

大学:はっきりとした理由はないが「絶対心理学科に行く」と決め、大学受験は心理系学科に絞って受験。予定通り(っていうかそれしかないww)心理学科へ進む。

社会人その1:就活は塾のチューターを目指していたが、たまたまリクナビで見たMR特集に惹かれ、某ノ〇社説明会参加→おもしろそう!→結局製薬会社に入社。

社会人その2:違う製薬会社にMRで転職。

社会人その3:@アメリカ バイオ系企業でマーケティングインターン

社会人その4:@アメリカ 自動車部品メーカーで営業。今までと全然つながりありませんやん~ww(いちおう営業つながりだけど) ←イマココ

 

というわけで、自分の興味/関心(+今は生活のこと)を元にその場その場で選んでいくしかないのではないかと。

やっぱり医療系かな。他人も自分も健康はいちばん大事なことだし。自分の中で「心身ともに健康」がとにかく大事だと思ってる。日進月歩で日々情報がアップデートされていくところも面白い。ひとつの薬を売るとして、買い手にどうアプローチしていくか、薬の魅せ方を考えたりするのも面白い。

部品は。。。変化がなくて(むしろ過去を引きずっていて)。。ぶっちゃけ。。。微妙ww(私にとっては)

あと、営業は我ながらあんまり向いていないと思うww フットワーク軽い人ほんとうらやましい。けどMRは楽しかったな、今思えば。しんどい時もたくさんありますが、勉強したり考えるのは楽しい。色んな人間を見られるし。あと会社にずっといなくてよい、自分で自由に予定を立てられるから精神的に本当に楽。ここがいちばんかも。ゴール(売上)がきちんと決まっていて、そこになるべく早く行きつくようにするってのもシンプルでいい感じ。

 

なんか全然関係ないところに話が飛びましたが、結論、「今のところ、これ!というプランを模索中」、ですかね。爆 でも、自分が今そういう状態っていうのを自分で把握してるから、今はこれでいーのです。

 

もうこんな時間か~。寝ます!!

 

 

広告を非表示にする