サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

日本で日本人としか仕事したことない人間が、アメリカで日本人以外と仕事をしていて不思議なこと。

このブログは移転しました。

①ひとまずフレンドリー

こっちの人は小話が好きなのもあるかもしれないけど、とりあえずお客さんがみんなフレンドリー♪

 

②アポと電話のハードルが低い

「明日どう??」って電話でアポ打診とかも割と受け入れられる。

前職がお医者さん相手というのもあり、基本的に電話厳禁(診察中だったりするし)、アポも最低一週間は間を空けて、候補も3つくらい挙げてというのが当たり前だったからちょっとびっくり。私は未だに数日空ける派です。笑

 

③メールのccに関係者をあまり入れない(含む上司)

こっちでいうccの使い方が不思議。日本人的感覚では、「このこと知っといて欲しい人はとりあえずccに入れる」もしくは「部署をまたぐ時はとりあえずccに上司入れる」「報告をかねてcc入れる」とかしていたものだけど。

ちなみに私はccけっこう使う派だし、私も入れておいて欲しい派。ちょっとしたことだとしても、何か判断する時に材料になることも多いし。。。

でもでも、こっちは全然入れない。むしろtoに近いくらいじゃないとcc入れない感じかも。同じ理由で自分が知っておいてほしくてccに入れていても、あんまり読んでないことも多し。泣 

こっちで働いている日本人の友人に聞いてみたら、彼女も同じことをずっと感じていたらしい。こっちの人は総じてcc入れるのを好まないらしい。そういうもんらしい。不思議だ~

 

④情報共有があんまり重要視されない

③とかぶるけど「ひとまず耳に入れとくか」という概念があんまりない。

例えば、自分がAという仕事をしているとして、それが後々他の人のBという仕事に反映しようとも、「私はAを完遂するのでBのことまで気にしない」って感じだったりする。

で、割と直前になって「どこそこにトラブルが~」ってなったりしてる。

ここは日本での働き方、情報共有の仕方が一歩リードかなって思う。

「私はこういうゴールに持って行きたいから、前提としてこういうことを知っておいてね」ってのを伝えると、いちいち聞かなくても「ゴールはここだから、道としてはこっちかな」ってことになると思うんだけど、アメリカではそういう考え方があまりないのかな~?

意思決定の仕方がトップダウンボトムアップかってのもあるかもしれないけど。

 

⑤早く帰れる!笑

不思議でもなんでもないけど、早く帰れる。笑 

日本にいた時が働きすぎともいうけど。8時で早くて講演会があれば11時なんてザラ。

休憩時間もしっかり取っていいから、私は昼1時間取ってます。

みんなデスクで食べながら働いたりしてるけどね~。

 

⑥デスクでおかしOK!

なにも言われないし、むしろメキシコ人のおばちゃんがドーナツとかくれるからデスクで遠慮なく頂いてますww 今日は業者さんがマカロンくれたのでそれも食べてましたww

 

なんかまとまらないけどそんな感じ。

特にメールのccも含めた情報共有に関しては、うちだけなのか、こっちは総じてそんな感じなのかとっても気になる。正直、ここが上手くいってれば色々スムーズじゃないかな~と思うこと多々。

こっちで日本人以外と働いている誰かと話し合いたい気分です。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする