サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

Business Management 2Q が終了。

Maya's Diary in San Diegoは移転しました。5秒後に新しいウェブサイトへジャンプします。

あっという間に2Qが終了しました。うーん、早かったなぁ。。。2Qは授業数は少ないものの、インターンがあったので毎日学校に行ったり働いたり。けど、全体的にみると余裕のある10週間だったなーと思います。

 

この2Qを振り返ってみると。。。

英語:

ずいぶん聞けるようになってきた。何言ってるかぜーんぜん分かりません。。みたいなことはない。英語を3時間通しで聞くっていう環境が当たり前になったのもあると思う。あとはやっぱり会話。もうちょっと頑張らないと。これはちょっとさぼり気味。苦笑 だいたい通じるからいっか~みたいな気持ちになってしまう。。。そして、おしゃべりな人がいるとその人にしゃべり役を任せて聞いてるだけという名もサボりが。。。あぁ、もっとしゃべらないと。笑

 

インターン

色々あったけど勉強になった。。。かな?笑 結局200時間働きました。OPT中の子に話聞いたりしてだいぶ励まされたり。あと、こっちの人は「ぱっとやってぱっと終わらす」がデフォルトなのがとてもよい。無駄なことしないし、意味のないことをしないのがいい。あとは職場の雰囲気とか同僚との関係性ね。この辺りは万国共通なのかなって思った。いい雰囲気だとはかどるしそうでないと。。。という。関係が上手くいかなくなるのって最終的にコミュニケーション不足に集約されるというのも日本と同じかな。

けれどそもそも。。。「自分の仕事をいかに終わらせる&上手くやるか」っていう個人の命題から始まってるから、「コミュニケーション、チームワークがどうこう」に目を向けてる人は少ないように思う。だからこそ授業でもどんだけ?ってくらいチームワークの話が出るんだろうけどね。笑 割とデフォルトで備わってる日本人からすると「え、そんなこと?」って感じるけど、ここではそんなことないんだなー。

 

授業:

プレゼンの授業は面白かった。前職で考えてたこと、工夫してたことを先生が推奨してたから、自分なりに数々の失敗を経て得たことは間違っていなかった!っていうちょっとした自信になったかなぁ。勉強になったのはパワポの作り方ですねぇ。前は自分で作ることが少なかったから、どういう風に作ると覚えてもらいやすいか、飽きさせないかっていうコツみたいなことが分かってよかった。

 

ぱっと思いつくのがこんな感じ。3Qはすーんごい迷ってファイナンスの授業も選択したりして(けどこれがすごく面白そうなの、分かるようになったらすごく役に立つと思う。無謀なことには変わりないんだけど。笑)週5コマの授業になるから少し忙しくなるかなぁ。

 

あとはOPT申請。3Q始まったら申請出来るのでぼちぼちやろうと思います。

シンデレラが公開になったから、土日で見に行こうかな~♪

広告を非表示にする