サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。

アメリカに残りたいと思うこと

About MAYA

最近帰国したくない病です。OPTはやるつもりでいるけど。

 

もしかして留学する人あるあるなのかなー。

 

アメリカに来る前は、年齢的にも今を逃したら一生行けないと思っていて、それで来たわけだけど、実際やろうと思えばなんとでもなるんだなーというのを実感する。

例えば、クラスメイトには旦那さんを国に置いて子ども二人連れてきてる人がいる。

インターン先の同僚も、国に旦那さんを置いて子どもと二人でこっちで暮らしてる。二人とも子供もそれなりに大きくて、30後半から40代といったところ。けどここ3年以内にこっちで仕事見つけて、子どもと来てるの。(もちろんめっちゃお金はかかる。二人とも十分な財源があるのも事実)

 

意外とやれないことないんだなぁって思った。もちろんすごく忙しいとは思うんだけども。

 

それなりの稼ぎを求めてかつアメリカに残りたいのならば、西海岸での就職は簡単じゃない。東とか中の方がずっと仕事は見つけやすい。

もうサンディエゴ大好きな私としては辛いけど、本当にアメリカに残りたいのならば、場所のことなんてかまってらんない。

そうじゃなくても仕事、見つかるのかしら。。。という不安でいっぱいなんだよなぁ。生活していかなきゃいけないから、もう最後の手段は日本で前と同じ仕事をすることなんだけども。

 

2Q折り返し地点に来て、就職のこと、SDを離れることを考えると最近なんだか気持ちが落ち着かないなー。

 

まぁ、なんとかなるとは思うんだけど!笑 

 

今出来ることをしっかりやろう。宿題ちゃんとやって、教科書読んで、インターンでもらった仕事をきっちり仕上げる。

 

うん、頑張れ自分!

広告を非表示にする