サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。

San Diego Restaurant Week でした。

 年に2回、サンディエゴのレストランでお得にディナー&ランチが楽しめる時期があります。それは、San Diego Restaurant Week!URLはこちら↓

Welcome to San Diego Restaurant Week

毎年9月と1月にやっているそうです。9月は知らなかったんだけど。笑 インターン先の同僚が教えてくれたので、早速調べて行ってきました!

お店にも色々種類があって、イタリアン、フレンチ、アメリカン、カリフォルニア、コンテンポラリーなどなど。。。私たちが行ったのはステーキのお店で、4つ出てくるコース(名前忘れた)を選びました。

とりあえずパンがサーブされて。。。

アペタイザー→スープかサラダ→サーロインステーキ&サイド(マッシュポテトなどなど)→チョコレートケーキ

これでなんと$20!!アメリカサイズなのでボリュームも十分すぎるほど十分。アメリカのステーキは初めて食べたんだけど、THE赤身。笑 おいしかったけど、もうちょっと脂身が欲しいなーと思う日本人の私。けどおいしかった!最初、「ちっちゃ!」って思ったけど、食べてみたら全然減らないの。お腹いっぱいでした。飲み物はワインとかビールもあったけど、結局ビール。笑 

私たちが行ったことろは普段使いのレストランっぽい雰囲気だったけど、それでも普段はステーキだけで$30以上するらしい。かなりお高いレストランもお試し価格でやっるそうなので、9月も行きたいな~★

 

で、その後ちょっとした事件が。。。アメリカではあるあるなのかもしれないですけど。お会計絡みで。以下詳細。

Totalが$102、Taxが約$8。4人だったので、チップ入れて$120にしてキリよく一人$30にすることにしました。

3人はキャッシュ、私はカードでお会計。サーバーに全部で$120払うから、私のカードに$30チャージしてねと伝え、キャッシュ$90と私のカードを持ってお会計に行き、また戻ってきたサーバー。レシート見たら、Totalが$132になってる。しかも$30じゃなくて$132のチャージになってるの。百歩譲って$120のチャージならまだしも。サーバーにもう一回説明して直してもらえるようお願いすると、I'm sorry、と言ってまた$30分のレシートを持ってきたんた。けど。。。

なんか変なの、それ。$30チャージしてあるんだけど、tipとtotalの欄があって、チップ0にしてトータルに$30書けとかいう。しかもレシートは2or3枚来なきゃいけないのに1枚だけ。さらにレシートおかしかったのにさっき渡した現金を一緒に持ってこない。

なんだか嫌な予感しつつ、とりあえず$30ではあるからサインして渡した。控えがないのが嫌だったので、家計簿用に写真撮って、とりあえず帰宅。

やっぱり不安でうち帰ってすぐアカウント見たら、$132チャージされてて。あーやっぱりねーという感じ。

 

マザーに相談して、次の日の朝銀行行って経緯を説明。とりあえず次の営業日まで待つことになった。(デビットもすぐには反映されなくて、pendingの後チャージされる)


最初はお店がすごく混んでたし、忙しくて単に間違えたのかなとか、伝え方がわかりにくかったかしらとか思ってたんだけど、他の人の反応を見ると。。。

そのサーバー、$132私のカードにチャージして、$90のキャッシュを丸っとチップにしようってことなのかな??

色々おかしいことはあって、普通レストランでカードを使った場合、アカウントではまず食事代のみがチャージされて、その後チップがチャージされるんだけど、今回はいきなり$132チャージされてたという。(レシートにも食事代とチップは分けて書くし)

 みんな(アメリカ人)の話ぶりからすると、そのサーバーあかんな、という感じ。控え渡さないのもないし(これは私も主張すべきだったんだけど)、お金持ってっちゃうし。

銀行のお姉さん曰く、こういうこと時々あるらしい。お店はサーバーがそう言うやり方でチップを取ることで金銭的な被害を受けるし、お客さんもアカウントをチェックしないから気づかないんだって。(それどうなん、って思ったけど。笑)レストランにもクレーム入れた方がいいよって言われたので、メールで入れといた。

マザーとそのお姉さんの話してる感じだと「(Mayaが言うには)一回目に金額がおかしかった時、サーバーはごめんなさいって言ったみたいだし、お店もかなり混んでたみたい。けど、それでも。。。。」「さすがに。。。(怪しいよ)ねぇ。」といったところ。

 

感想としては「こんなことがあるんだねぇ」という感じ。(適当か。本当にそれしか思わず。笑)

皆さんもレストランでお会計するとき、特にカード使うときは、①チップとサブトータルを含む金額の確認 ②控えをもらう ③銀行口座のactivityの確認 にお気を付けください。。。

さてこれからどうなるかな~!?

 

✳︎追記✳︎

銀行のお姉さんからお店にクレームした方がよいとアドバイスもらい、メールしてみたところ、すぐにお返事が来ました。

謝罪とともに、サーバーは故意にやったわけじゃないということ、もし間違った金額で引き落とされてしまったら、レコードをコピーして持って行けば返金に応じてくれること、トレーニングをしっかりします、というようなことが書かれていました。すごく早く返信があったからびっくり。


やってるとは思うんどけど、飲食の場合特にお金と清潔に関することは手順と基準を徹底すべしだなぁと実感。清潔はいわゆる衛生基準。お金は言うまでもなく。普通のモノならお金と交換したものが形あるモノだから返品とか交換が出来る。何かあってもきちんとしたものが手元にくれば満足出来る。けど、食事とかサービスって形がないし、むしろその場で消費してなくなくなっちゃうからね。。。モノよりもお金にまつわるトラブルがあると根深くなりそうな気がする。


あと、いわゆるマニュアル通りにやらなくても、目的(今回の場合ならお会計)は果たせるかもしれないけど、そのマニュアルを逸脱した過程で客側が、あれ?って思っちゃうのはやっぱよくないよねぇ。。。うん。お金と清潔に関しては基準と手順を決めて遵守、が徹れるべきだろうなぁ。



 

 

広告を非表示にする