サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

これからアメリカでホームステイをする方へ

Maya's Diary in San Diegoは移転しました。5秒後に新しいウェブサイトへジャンプします。

そういえば、ビジマネの1Qがもうすぐ終わるということは、年明けから新たに1Qの方がいらっしゃるということですね!(実際には年末には来るのかな)

というかUCSD Extentionはクオーター制で3か月ごとに学期が変わるのでね。ELIも含め1月からまた新しく留学する方が来るのではないかなーと。

というわけで、ビジマネはまだ終わってないからホームスティについてお役立ち情報をいくつか書いてみます!アメリカ家庭@CAのルール的なものかなぁ。あくまでMaya調べですが、せっかくお宅にお邪魔するんだし、お互い楽しく過ごすためのコツ程度にお付き合いくださいませ~☆

 

その1 自己開示しよう!

アメリカの人っておしゃべりが大好き。全然知らない人とか質問して、答えて、質問して、答えて。。。を繰り返してどんどん会話を広げていって、お互いのことを分かりあおうという努力をします。(ヨーロッパもそんな感じ)日本だと初対面からあれこれ聞くの、失礼かな?って思うかもしれないけど、こっちではそんなに嫌がられないし、むしろ楽しくおしゃべりしてくれると思う。

私が以前の日記で失敗をさらしているように笑、質問されたら、Yes・Noだけでなくそれに情報を付け足して会話をどんどん広げよう~!行き詰ったら、「And you?」で質問返しして会話を続ける!笑 ご飯も、おいしかったら「I like it!」など、おいしいって気持ちを伝える!ただでさえ言葉が違うので、「何考えてるのかなー」って思われてると思う。だから、積極的に思ったことを伝えると、ファミリーも安心して打ち解けられるんじゃないかなーと思います。

↓ コリアンルームメイトにごめんね、となった話。彼とは今でも時々メッセージをやり取りする仲。国に変える前にSDに来ないかなー!

日焼け問題と会話問題 - Maya's Diary in San Diego

 

その2 お部屋のドアは開けとくんですよ~

これ意外と知られてないかも。部屋にいる間、個室のドアは基本的に半開きくらいにしておくのがデフォルトです。ドアを閉めている状態は「取り込み中なので入らないで」のメッセージになります。(例えば着替え、寝たい、電話中など)ずーっとドアを閉めていると、「体調が悪いのかな?」とか「何してるかわかんないな。。。」とかファミリーに不安がられる可能性があります。。。私も途中で気づいて開け始めました。笑

ちなみにバスルームのドアも入っている時は閉めて、誰もいない時は開けとくのがデフォルト。来たての頃よく閉めて出ていたので、「誰かいるんかいな?」とファミリーを困惑させてしまっていました。笑 

 

その3 騒音はほどほどに

アメリカ人って意外と夜寝るの早い気がする。うちは11時には就寝。家によるんだろうけど、家族以外の学生数人が暮らしていることも多いホームスティ。ドアを閉める音とか気を付けましょう~。日本の人は総じて大丈夫な気もしますが。笑 むしろ、騒音立てても気にしない方もいるので、それに上手くなれることの方が大切かも!?

 

その4 家庭のルールは守りましょう!

確かにお金を払っていますが、ホームスティはホテルじゃーない。きっとご家庭ごとにルールがあるはずなので、それはしっかり守りましょう!うちはとっても自由なので、言われたのは洗濯は基本的には週1回、晩御飯いらない場合は16時までに連絡するの2点くらい。けど、ご家庭によっては、ルールも色々。私が友達に聞いたルールは。。。

・シャワーは21時まで、15分間(CAは水道代めちゃ高いそうです。お水は大切に)

・お部屋に水や食べ物を持ち込まない

・家の食べ物は家でのみ食べる(学校など外に持っていかない)

・シャワー後は毎回必ずワイパーで水切り(チェック入る)

 

最後に、ホームスティにも色んな先があります。ご家庭ごとに色んな事情もある。どんなご家庭にお世話になるかは正直「運」としか言いようがないんですよね。。。なので、もしよいご家庭を探したいのであれば、やっぱり知り合いづてに見つけるのが一番かと思います。生活の様子が分かるので。あとは「過去に日本人学生がいたか?」もいいポイントかも。日本人慣れしてるかどうかという点で。私も実際にステイ先を確認された日本人の方から紹介頂いて今のおうちと巡り合って、すごーーーーーくありがたい環境で住まわせてもらってます。

普段の生活の中でマザーにあれこれ相談したりするのも楽しいし、Thanksgivingのパーティも一緒に娘さんの家に連れて行ってもらったし、4th Julyもそうだった!アメリカ家庭の生活を本当に家族の一員として体験させてもらっています。(犬の散歩も出来るし。笑)もちろんルールもあるし、住み始めの頃は「他の人と暮らす」というのが慣れなかったりもしたけど(なんせ10年一人暮らしだったので)、毎日ネイティブ英語に触れられるし、家族もみんないい方たちで、今はすっかり慣れて楽しく過ごしています。

 

これからアメリカ留学される方も、素敵なホームステイ先に巡り合いますように!

 

広告を非表示にする