サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。

お誕生日。

先日は、アメリカで迎える初の誕生日でした!

昨年の誕生日は、まさか次の誕生日をSDで迎えるなんて予想もしてなかったなー!笑

人生分からないっていうけど、本当にその通り。けど嬉しいことに、予想外でもいい方に転ぶんだなー。楽観的ですね。笑

 

誕生日当日は、クラスメイトとLAに行ってきましたー!楽しかった!これはグリフィス展望台からの眺め。スケジュール上午前中に行ったけど、夜は夜景がキレイなので、行かれるなら夜間をおすすめします。

f:id:maya1029:20141105160429j:plain

 

Chainese Theater らへん、こんな星がずらーっと道路に並んでいます。

f:id:maya1029:20141105160541j:plain

 

ホストブラザーがケーキを焼いてくれたー!!

f:id:maya1029:20141105161240j:plain

 

そしてそして、今日は授業の後にクラスメイトからケーキと歌のプレゼントをもらました!しかも、各国の歌を聞けたのーーーー!!!私のおすすめはブラジル。ラテンノリで超☆クール!!覚えたい!他に、スペイン語もよかったし、コリアンも単語が少しわかるから楽しい。インドは全然違う!日本語で歌ってよ!って言われたけど、完全に英語と一緒でごめんね、って感じでした。w

優しくてゆかいなクラスメイトばかり!学校の外の友人たちも、ホストファミリーも親切で一緒にいて楽しい人が多く、幸せです。我ながら、昔から対人運最強説を更新中な気がしている。笑 あとはいい出会いがあれば、perfectであります。笑

 

一年の計は元旦にありだけど、せっかく誕生日だし、目標をふたつほど。

 

ひとつ、全力で取り組むこと。私は努力推奨派です。それだけでなんでもうまくいくわけではないけれど、努力は前進する際の起爆剤になります。これだけやった、という自信になります。後悔しない人生にするためにも、「もう少しやっておけば。。。」なんて思いたくない。全力あるのみ。

 

ふたつ、人に優しくあること。私はあんまり自分に余裕がないし、基本的に厳しめなのでこれが難しいのは分かってるんだけど。笑 けど、人が辛いなって思うこととか、嬉しいなって思うこととか、そういうことを忘れずにいたいなと思います。数年前までは、そういう感情を排除して、ひたすらゴールを目指すことが要領よくていいって思ってた時期もあったんだけど。やっぱり、一人じゃ生きていけないよなーと。留学してサンディエゴに住むようになって、特にそう。周りが親切で楽しい人が多くってやっぱり、こうやって誰かと時間を共有するのって楽しいな、と思います。丸くなったのかしら。笑

 

歳を重ねるごとに、色んな人と出会うごとに、「複雑な気持ち」とか「自分と違うものを受け入れる」ことの大切さを感じられるようになってきた気がする。

 

「自分と違うもの」に関しては、基本的にみんな自分と異なる生き物だから、思っていることを「完全に」理解するのは無理だと思う。けど、それを分かった上でなるべく理解出来るように努力したいし、だからこそ近づけた時に嬉しいなって。このへんの考え方は学生の頃と全然変わらないなー。昔はもっと余裕がなかったから、分かっていてもこれを発動出来る相手って、本当に限られていたし、時には発動せず終わることもあってなんか自己嫌悪に陥ったりしてたけど、今は少し範囲が広がったかなぁ。簡単に言えば器の大きい人になりたいんだと思う。うん、それがしっくりくる。

 

さぁ、次の誕生日はどこで何をしているのかなー!笑 ほんと自分のものなのに読めない人生だけど、すごく楽しみです。

 

広告を非表示にする