サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

クレアモントのDMVで、Driving Testを受けてきた①

Maya's Diary in San Diegoは移転しました。5秒後に新しいウェブサイトへジャンプします。

筆記試験から少し経っていますが、Driving testに合格しカリフォルニアの免許を取得しました!うれしい~☆☆

ちなみに筆記試験の様子はこちら↓↓

 

クレアモントのDMVで、written testを受けてきた - Maya's diary in San Diego

 

Written Test合格後から免許取得までの道のりですが、

まずウェブでアポどり出来ず、直接DMVへ出向きました。

 

筆記試験に合格後、その場もしくはDMVのウェブサイトで運転試験の予約取りを行います。私は筆記合格時は車がなかったため、買ってからにしようと思いウェブサイトで予約するつもりでした。

しかし!!!!!

なぜか予約出来ない。泣 

ホストマザーに「んなわけない!」と言われつつ何度か試したものの出来ず、仕方なく電話することに。

これ時々起るそうです。なんでかわかりませんが。大多数の方はウェブからアポ取り出来ます。

 

それで電話するわけですけども、日本みたいに「予約を取りたい人は1のボタンを~」なんて言ってくれません。自動音声のお兄さんが「あなたは何をしたい?最新情報が知りたい?アポを取りたい?ドライビングテスト?その他色々。。。」聞いてきます。

ガイダンスにそって、「driving test」とか「make an appointment」って英語で自分で言うんですよ。。。認識されれば次に進み、「ごめん、よく聞こえなかったわ」って言われてまた繰り返すという。。。

そんなこんなでアポ取りまでたどり着くわけですが、職員が出るまで待つ。待つ。待つ。。。30分経過。。。誰も出ない!笑

どうやら一時間くらいかかるみたいですね。電話の電池切れるし通話代かさむので、30分を2回程度であきらめました。

 

というわけで、直接クレアモントのDMVへ。Driving Test Appointmentの列に並び、「なんでかウエブ予約出来ないからここで予約したい」と言うも、「ここじゃ出来ないから電話して」と言われる。むむ。

諦めずもっかい並びなおしてもう一人の職員にアタックすると、「いつにする?」って言ってくれて、あっさり予約OK。人によって言うこと違うししかも間違ってても割とみんな自信満々だからおもしろい。笑 

2週間後くらいだったけど、簡単に取れました。

というわけで、予約完了!!

長くなるので続きはまた次回。

 

 

 

 

広告を非表示にする