サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

これからのこと。

Maya's Diary in San Diegoは移転しました。5秒後に新しいウェブサイトへジャンプします。

10週間の英語コースもはや折り返し。今週にはmidterm examがあります。勉強しなきゃいけないんだけど、ふと書きたくなってblog書いてます。(完全に逃避ですが)

 

ちょうど二か月後には9カ月のビジマネが始まるわけですが、最近思うのが、ビジマネ終わってからどうしようかなーってことです。

最近は働いてみたい気持ちが出てきています。ビザのこととか難しいことは横に置いといて、働いてみたいなぁと。英語ももっともっと流暢に話せるようになりたいし、アメリカの商文化に触れてみたい。

 

業界は製薬業界です。自分はお金の動きや物の動き、コンピューターにはあまり興味がなくて、やっぱり薬の世界が面白い。自分自身医療に興味があるし、役に立てている感(それは時にお金稼ぎと言われてしまうこともあるんだけれど)があって、働いていてとてもやりがいがある。出来ればワクチンがいいかな。前職でワクチンを扱っていて、とても面白かったので。職種はマーケ希望。その中でもお客さんに近いところがいい。先生と会って、どうしたらもっと患者さんの役に立てるのか、負担を少なくすることが出来るのか、先生や患者さんにうちの薬を安心して使ってもらうために、どういう説明をするのがいいのか、そういうことを話せる仕事が楽しそうだなって思ってる。実際にそんなポジションがあるのかどうかもまだ分からないけど、こういうことがしてみたいって思うのが大事だと思ってる。

 

例えば転職も留学も、やりたいと思い続けていたらすごくいいタイミングでチャンスが来て、叶ったし、仕事でもそう。あの先生にぴったりだと思うんだけどなぁと思って、色々話をして、一進一退でなかなか話が進まなくても、ある日突然ビックチャンスが舞い降りてきて、一気に事が進んだりする。

 

なので、今日も思ったことを忘れないように書き留めておきました。

 

もし、本当にそうしたいと願っているのなら。日々そのことを忘れず、少しずつでも前進していれば、突然大きなチャンスがやってくるものだと思う。

今までの人生でそれを何度も経験しているから。願えば常に叶うほど甘くはないけど、願えばチャンスのひとつくらいはやってくる。

 

なーんて、いつ方向転換するかもわかりませんが、とりあえず今ぼんやり考えているのはこんなところです。

 

広告を非表示にする