サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。

違いを受け入れるということ。

こちらに来て、一か月半になろうとしています。

日々の生活にもだいぶなれて、もうちょっと英語が話せたらいいな~と思う日もあるけど、どこに行ってもそんなに不自由なく過ごせるくらいには慣れてきました。

 

生活の基盤がしっかりしてくると、次はまた違うことに目がいくようになる。

最近思うのは、文化の違いや価値観の違いをどれだけ受け入れるかということ。

 

日本にいた頃は「迷惑かけない限りは好きにやったらいいんじゃないの」というスタンスだった私。けど、「迷惑かけない」の限度が日本では一定ですよね。ここまではいいけど、ここまでは微妙だと思う、の線引きが、偏ることなくだいたい同じじゃないですか、みんな。

 

けど、異国に住むと、その「迷惑かけない」の限度が国によってけっこう違ったりする。私はもう少し気を使ってもいいと思うことが、他国の人にとっては普通のことだったりする。

よく郷に入れば郷に従えで、全部その土地の通りにすべきという人がいるけれども、私はそうは思わない。自分の価値観を大事にしたいし、考えることなしに違いを受け入れるということはしたくないと思う。もちろん考えた上で「まぁこんなもんなのかな」と思ったり、私にとってそこまで深刻ではないことは流すに近い形で受け入れるけど、特にコミュニケーションに関する部分はよく考えたいと思ってる。

先日も、そのことでホストマザーと話したりして、自分なりに価値観の違いの受けいれ方みたいなものを作りつつある感じ。

 

どちらかというとなるべくアメリカに慣れたいと思っていて、いちいちビビってたら前に進めないから、細かいことはあんまり気にせずやってきています。私自身は特に不自由なく楽しく暮らせています。(ホストマザーがめっちゃいい人なおかげ)

それなりのお金を払ってきている以上、アメリカでアメリカ人と衣食住をともにして満足っていうのはもったいないからね。。。あくまでも私にとっては。それでいい人はそれでいいと思います。その人の意思でそうしているんだし。私がどうこういう必要なし。

 

暮らしていて自分はこれが好き、嫌いっていうことについていちいち干渉されないのがうれしいです。楽だなぁ、と思います。なんというか、最短距離が好きな人に向いてると思います。いちいちうじうじしているのも別にいいけれど、求めない限り助けてもらえないので、悩むのが好きかつ他人のアドバイスが好きな人には向いてないかもしれません。求めれば与えられるけど、求めない限り得られないと思います。私はそういう環境が好きだし、しっくりくる。

 

そういえば、学校でTOEIC受けられるらしい!せっかく留学してるんだし、900点くらいいきたいところだけど、なんせお金が。。。日本に帰った時のために、お金もそれなりに残しておきたいので、悩むところです。別に今受けなくてもいいし、また次の機会にしようかなー。。。

 

 

 

 

広告を非表示にする