サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。

TOEICの勉強をする

UCSDのBusiness Managment に申し込むためにはTOEICで760点必要です。

あと15点足りていません。。。

最終出社日からテストまで約2週間、一発で決めるべく、集中して勉強し始めました。

 

主に使ったテキストはふたつ。

 

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

 

 

 

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

 

 究極の模試は3回法という独自のやり方があるようです。私は途中まで気づかず、自己流でやってました。問題は3回分、解答本が回数ごとについてるので持ち運びに便利!

以下は私のやり方です。

時間厳守で問題を解く→丸付け(解説は見ない)→不正解の問題に再チャレンジ→丸付け→それでも間違ったところは解説を見る

 

さらに!!!

 

解答本で分からない単語をマーカーでチェックしていきます。日本語訳でその単語の部分をマーカーでチェック。これには色々と利点が。

①文中での単語の使い方が覚えられる

②テストの日は解答本だけ持っていけばいいので楽

③テスト前に解答本の英文を読むことで、単語チェック&頭を英語にならすことが出来る

 

一回解いたテストは数日後に2回目を解きます。答えは覚えちゃっていても大丈夫です。たぶん時間内に解き終わると思います。

2回目に解くと「時間内に解き終わるリズム・スピード感」を体感出来るはず。

個人的にはここでスピード感が分かって、その後新しい問題でもだいぶ解く速度が上がったと感じます。

 

公式問題集は言わずもがなで解くべきです。

TOEICの問題作成機関が作っているものですので、本番と似たような単語・イディオムがたくさんあります!

 

こんな感じで2週間勉強しました。

結果的に勉強してから最初のテストでは840点、次のテストでは870点を取ることが出来ました!!他にもおススメのテキストがあるので、それはまた別の機会にご紹介したいと思います。

 

けど。。。

TOEICの点数が上がっても、実際にコミュニケーションが取れるかと言えばかなり微妙です。

 

あっち行ってから大丈夫かなぁ。。。

 

 

広告を非表示にする