サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。

エージェントを探す。

留学準備

行きたい学校も決まったことだし、入学の申し込み準備を始めます。

 

の、前に。

UCSDに行きつくまで、いくつかの留学エージェントのホームページを見たり、実際に相談もしました。

 

私が考えるエージェントに相談する利点&欠点は・・・

☆利点

・自分で調べるより学校の選択肢&留学に関する情報量が豊富

・それまでにそのエージェント経由で入学した人の話が聞ける(経験談、見積もりなど)

・手続き代行をお願いすれば、出願はかなり楽&時間短縮になる

 

☆欠点

・手続き代行時に手数料がかかることがある

・情報量はエージェントによりけり。学校間の違いについては情報があるが、コースごとに落とすとだいぶ情報量は減ってくる。

・場合によってはカード情報(含む暗証番号)を伝えなければならないこともあるなど、情報漏えいが不安。

 

最終的にお願いしたところも含めて3社相談しました。

 

☆エージェントA

メールで見積もり依頼をしたら、某有名ホテルの職員と思われる方の名前入りの見積もりが来ました。。。ご参考までに、と言って送られてきたのですが実際に使ったものをそのまま送ってくるとは。

こんなに個人情報ダダ漏れのところには絶対に頼めないと思い、やり取り終了。

 

☆エージェントB

メール&電話でやり取りした後、対面で相談しました。学校ごとの違いも教えてもらえて感じよかったのですが、手数料が10万円しないくらいかかる。保留。

 

☆エージェントC

実際にUCSD Extensionの受講経験がある方が運営。私は渡米時期とコース選択(Business Manegment かBusiness Essensial)で迷っていたので、それも含めて問い合わせのメールをしてみたところ。。。

レスポンスがとても早く内容も詳しくて(さすが経験者という感じ)大変参考になりました。さらに手数料無料!

また相談した時に、実際に経験者かつ大学にコネクションがある方からアドバイスを頂けるという安心感もあります。(しかもレスポンスがほんっとーーーに早い)

運営されている女性もとても素敵な方で、こちらにサポートをお願いすることにしました。

 

手続きを全て自分でやることも可能だとは思いますが、個人的にはサポートを受けて本当によかったと思っていますし、とてもよいところにご縁があったなと思います。

特に今まで留学経験が全くないため、頻繁に分からないところが出てきましたし、申し込む上で不明な点があった時に、学校に問い合わせて通じるのか?(悲しいかな私の英語力)という疑問もありました。

何より「サンディエゴに留学する人を応援したい!」とこだわってされているので、やり取りをしている中で私もすごく前向きな気持ちになれました!

 

こうして、来月渡米というところまで来ました。

 

次は出願のあれこれについて書こうと思います。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする