サンディエゴで社会人留学→アメリカで就職したMayaのブログ:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

Maya's Diary in San Diego

27歳の誕生日に「いつか留学する!」と決め、28歳で本当にアメリカに来たMayaの日常。在米2年半。:ブログを引っ越しました!新しいブログはこちら⇨https://www.mayasdiary-sd.com/

UCSD Business Certificate Program への道のり

Maya's Diary in San Diegoは移転しました。5秒後に新しいウェブサイトへジャンプします。

今日はTOEIC受けてきました!

 

リスニングがだいぶ聞けるようになった気がします。普段のリスニング強化はゴシップガールを英語(字幕なしor英語字幕)で見ているのですが、その中の英語が早すぎて断片的にしか理解出来ないので、TOEICのゆっくりハッキリな英語が聞き取りやすくなりました。。。笑

楽しく学べるという点ではおススメの方法です!

 

さてさて、本題に。

なぜUCSDのBusiness Certificate Programか?ということについて。

 

今後のキャリアアップを考えると英語が話せるのは最低限。

5年間働いて実践から得られた雑多な経験則を、きちんとした知識に落として整理し、再度プットアウトしたい。

そう考えた時に「留学」という案が浮かびました。

 

色々調べていきついたエクステンションプログラム。私の希望と合致していた点は以下の通りです。

 

・内容:

行くからには語学留学だけでは絶対にもったいない。経験を知識に落として、再度現場に生かしたいという点にマッチする。他国&アメリカの現地のビジネスマンと最新のビジネスについて勉強出来るという点が魅力的。

インターンとOPT(プログラム終了後、学生ビザで1年就業出来る)があるのもよい。

・期間:

約1年。MBAやカレッジも魅力的ですが、2年は長いなぁと。。。半年だけでは英語が身に着くか心許ない。約1年がちょうどよい。

・費用:

MBAやカレッジに比べれば当然安い。(と言ってもそれなりにかかるのは事実)

TOEICで行ける:

なるべくTOEICで行けるところ。

 

こんなところです。

 

エクステンションでビジネスプログラムのある学校はいくつかありました。

University of Californiaは特に豊富。私の知る限りでは、アーバイン、サンディエゴ、サンタバーバラ、リバーサイド、バークレーにあったと記憶しています。

他に有名なのはワシントン大学

 

寒いのが苦手な私。。。冬季うつなんだと思うんですよね~。毎年冬は本当に苦手。

というわけで温暖な気候という点に惹かれカリフォルニア大学の中で選ぶことにしました。笑

サンタバーバラはほんの数年しか歴史がない、バークレーTOEIC受付なしということで、アーバインとサンディエゴが残りました。あれ?リバーサイドは。。。笑

最終的に以下の理由でサンディエゴに決めました。

 

・クラスメイトが社会人経験者である

(サンディエゴは数年の社会人経験が必須。アーバインは学生も可)

・学費&生活費が安い

アーバインはオレンジカウンティという高級エリアにあり、色々と割高。「The OC」というセレブ高校生のドラマが有名ですね!)

 

かくして、UCSDを目指すことに決めました。

次は出願のための準備です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする